シースリー自由が丘店の全身脱毛サロンは評判が良い

自分でムダ毛の処理をする場合、どんな器具を使用していますか?

 

代表的な物に、カミソリやシェーバーが上げられますが、他にも器具はありますので、一つづ紹介していこうと思います。

 

 

まずは、普及率が最も高い、カミソリやシェーバーです。
どこにでも売っていますから手軽ですし、操作も簡単です。
横滑りしても切れないような製品が多く、安全にも配慮されています。

 

デメリットは、肌表面に出てきた毛を剃っているだけなので、すぐに生えてきてしまうことや、剃られた毛が伸びると濃く見えてしまうこと。
また、カミソリ負けなどによる、肌への負担が上げられます。

 

使用上の注意点としては、シェービングローションなどを塗ってから、毛の流れに沿い、強く押し当てないように剃りましょう。

 

また、清潔で、切れ味の良い物を使用し、シェービング後は、必ず化粧水などで保湿をしましょう。
放って置くと、肌トラブルの原因になりますから、注意しましょう。

 

 

続いて、脱毛クリーム です。
これは、化学反応により、毛を溶かす処理方法です。
カミソリやシェーバーに比べると、処理した後の毛の先端が太くならないので、濃くなったようには見えません。
そして、痛みはありません。

 

デメリットは、化学反応により、肌のタンパク質が奪われ、肌トラブルの原因になり易いこと。
また、肌が荒れている時には使用出来ないことなどが上げられます。

 

 

そして、 脱毛ワックスや脱毛テープです。
これは、毛を毛根から抜き去る方法です。
毛根から処理すれば、処理頻度も少なくて済みます。
また、一度に広範囲の毛を抜けますし、肌への負担も比較的少ないです。

 

デメリットは、剥がす際に痛みがあることや、埋没毛などの肌トラブルになり易いことなどが上げられます。

 

使用上の注意点としては、毛の流れに沿って剥がし、肌が引っ張られないように抑えながら抜きましょう。
処理後は、冷たいタオルなどで、脱毛箇所を冷やすようにしましょう。

 

 

最後に、 電動脱毛器です。
これも毛を毛根から抜き去る方法です。
肌への負担は、比較的少ないでしょう。

 

デメリットは、一度に広範囲とはいかない為、処理に時間が掛かることが上げられます。
また、アフターケアを怠ると、埋没毛や赤いブツブツになり易いです。

 

使用上の注意点としては、毛の流れに沿い、肌が引っ張られないように抑えながら抜き、処理後は冷たいタオルなどで、冷やすようにしましょう。

 

 

以上が、自分でするムダ毛の処理方法の一覧です。

 

処理する際のポイントは、毛穴が開き、毛が水分を含んで柔らかくなっている、お風呂上りに行うことです。
そして、処理後は必ずアフターケアを行いましょう。
これを怠ると、肌トラブルを引き起こし、綺麗の為の処理が、逆に肌を痛める結果になり兼ねません。

 

器具の特徴をよく把握し、自分に合った処理方法を選びましょう。

 

 

↓↓剃り残しが気になる方はコチラ↓↓

ホーム RSS購読 サイトマップ